Ranorex データ駆動でデータ範囲を指定

こんなお悩み相談があり・・・

Ranorexでテストを実施する際に、データ駆動で複数のデータをテストする、ということがよくあると思います。
何回かテストを実施していくと、あるデータだけをテストしたい、ということがありますよね?
慣れている方は「そんなの知ってるし!」と突っ込みたくなると思います。(そこは我慢していただいて・・・)

仕事上、お客様のテスト自動化の支援をしていると「あるデータだけ確認したかったんだけど、全部実行したから終わるまでぼーっと待ってたよ。どうにかならない?」とおっしゃる方が結構いらしたので、あえてここではデータ範囲を指定する方法を書きたいと思います。

設定方法

  1. まず、データソースを使用しているテストケースやスマートフォルダーを選択して右クリックで「データソース」を選択しましょう。
  2. 1で開いた「データソース」を見ると「データ範囲」という欄があります。
    defaultは「すべての行」にチェックが入ってますね。
  3. 勘の良い方はお分かりかと思いますが、そうです「範囲」にチェックを入れて、テストしたいデータ行を指定してあげます。
    例だとデータは3つしかないので面白味はありませんが、今回は性別が「男性」のデータを選びたいと思います。画像が見にくいかもしれませんが、「1と3」ですね。「1,3」とカンマで区切って記入してください。
    記入方法は「1-10」「2,3,4」や「1-2,4,5」と組み合わせて設定できます。
    これで「OK」ボタンを押して、ビルド&実行してみましょう。
  4. テスト実行後、Reportを確認してみると、範囲指定した1行目と3行目のデータが実施されているのがわかるかと思います。

この「データソース」の「データ範囲」を見逃している方は結構多いので、データ駆動でテストする際は、是非この「データ範囲」を活用して、楽しいRanorexライフを過ごしてみてください。

今回、例で「性別が男性のデータを選んだ」と書きましたが、Ranorexには「条件分岐」という機能もありますので、機会があれば「条件分岐」についてもさらっと紹介できればと思います。
(いつになるかはわかりませんが・・・)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です