ロードバランサー構成の動的変更 with NGINX Plus

Free software logos (raster graphics), Nginx, Vector version available

ロードバランサー構成の動的変更

サーバは増やしたけど。

ロードバランサーの構成を反映するために再起動が必要で、ダウンタイム発生って!

それNGINX Plusで対応できますよ。

今回は、NGINX Plus(R13以降)を使用して、Node.jsアプリサーバの追加/削除を動的に操作していきたいと思います。

Node.jsソースコード例

package.json例

1つ目のサーバ起動例(ポート:3000)

2つ目のサーバ起動例(ポート:3001)


NGINX構成例


NGINX Plus  動的構成 API

メソッド 内容
GET Upstreamのサーバ情報表示
DELETE Upstreamからサーバ削除
POST Upstreamにサーバ追加
PATCH Upstreamのサーバ変更

GET API リクエスト例

  • 6:APIのバージョン
  • node:upstreamの名前

GET API レスポンス例(ロードバランサーは2つのサーバで構成

DELETE API リクエスト例

  • 0:削除するサーバのID 

DELETE API 実行後の確認

サーバが1つ構成から削除されたので、NGINXがホストサーバは1つのサーバしか応答しない。

  • 応答するサーバ

serverPort:3001

新しく(3つ目の)サーバ起動例(ポート:3002)

動的にサーバをロードバランサー構成に追加するために起動

POST API リクエスト例

POST API 実行後の確認

  • 応答するサーバ

serverPort:3001

serverPort:3002

Ranorex苦労話

はじめに カサレアル プロフェッショナルサービスでは、業務改善・開発生産性向上支援として自動テストのスクリプト作成を行っています。 今回は、今まで携わってきた自動テストの案件の、数ある苦労話の一つと、その時の解決方法につ…

続きを読む →

【Zoom開催(2020/8/7)】「クラウドネイティブ新時代」さあ、次のステップへ… SEASON2

本セミナーはZoomでのオンライン配信です。ぜひご自宅よりご参加ください! 前回のWebinarではクラウドネイティブの全体像について、企業の情報システムを支える3つの柱として「基盤構築」「アプリ開発」「運用」を上げさせ…

続きを読む →